CONTENTS MENU

ワクチン

帯状疱疹ワクチン

帯状疱疹とは
①初めて水痘・帯状疱疹ウイルスに感染した時は、水ぼうそうとして発症します。
②水ぼうそうが治った後も、ウイルスは体内の神経節に潜んでいます(潜伏感染)。
③加齢、疲労、ストレスなどが引き金になって、免疫が低下すると、ウイルスが歳活性化し、神経を伝わり、皮膚に達し、帯状疱疹として発症します。

 

適切な治療を行ったにもかかわらず、場合によっては後遺症として神経痛を残すことがあります。
帯状疱疹ワクチンは世界に先駆けて日本で開発された水痘ワクチンと同じものです。欧米ではすでに帯状疱疹ワクチンとして使用されており、准将の帯状疱疹の減少、帯状疱疹後神経痛の減少が確認されております。
日本でも帯状疱疹ワクチンを50歳以上の方に接種することを勧めています。

料金:1回 8,000円

当院でもワクチン接種を行っておりますが、持病などにより接種ができない方もおられますので、まずはご相談をください。