CONTENTS MENU

医の森クリニック 仙台
内科、循環器内科、各種健診

初診予約

お電話でのお問い合わせはこちら

022-352-3786

禁煙外来について

医の森クリニック仙台では禁煙外来(治療)を行っております。
完全予約制となりますので、まずは一度お問合せ下さい。

tel 022-352-3786

 

あなたも一緒に禁煙しませんか?

 

禁煙外来について

喫煙は生活習慣病(高血圧、糖尿病、高脂血症)による動脈硬化症の進行を促進し、心筋梗塞、脳卒中のリスクを高めます。それ以外にも様々な病気を引き起こす原因となり、最悪の場合、肺気腫、慢性閉塞性肺疾患や肺癌など、命に関わる重篤な病気にかかってしまうこともあります。

喫煙が及ぼす害が認識され、禁煙を試みる方は多くいらっしゃいますが、独力で禁煙に成功されるケースはごくわずかです。禁煙が難しいのは、タバコに含まれるニコチンに強い習慣性・依存性があるからです。タバコをやめたり本数を減らしたりすると、イライラしたり、憂鬱になったり、集中力が落ちたりといった、離脱症状を起こします。これはニコチン依存症の症状です。

これまでタバコがやめられないのは「意志が弱いから」などと言われてきましたが、ニコチンに依存性があることがわかってからは、禁煙が困難なのは薬物依存という病気によるためだと理解されるようになりました。2006年4月からは、保健が適用されています。

 

最初の診察で行うこと

おおむね下のようなステップで初回の診察が行われます。

1:ニコチン依存症かどうかチェック
・ニコチン依存症のチェックをして、保険診療を受けられるかどうか確認します。

2:一酸化炭素濃度の測定
・あなたの息に一酸化炭素(タバコに含まれる有害物質)がどれくらい含まれているか、確認します。

3:「禁煙開始日」を決定し、禁煙宣言
・お医者さんと相談しながら、あなたの禁煙開始日を決定し、「禁煙宣言書」にサインします。

4:禁煙経験の確認とアドバイス
・あなたの健康状態やこれまでの喫煙・禁煙歴をお医者さんと確認します。
ニコチン切れ症状の対処法など、あなたに合ったアドバイスをもらうこともできます。

5:禁煙補助薬の選択
・禁煙補助薬の特徴と使い方の説明を受けて、あなたに合った薬を選びます。

 

タバコ代と禁煙治療費、どっちが高い?

現在、健康保険等※1を使って禁煙治療が受けられるようになりました。
禁煙治療(自己負担3割として)は、処方される薬にもよりますが8~12週間で13,000円~20,000円程度※2です。1日1箱喫煙する方なら、8~12週間分のタバコ代より保険診療で禁煙治療を受けた場合の自己負担額のほうが安くなる計算になります。(詳しくは当院にお問い合わせください。)

kinen2

※1 本web中の健康保険等とは、公的医療保険のことで、組合管掌健康保険、全国健康保険協会管掌健康保険、船員保険、各種共済組合管掌健康保険、国民健康保険等を指しています。

※2 「日本循環器学会、日本肺癌学会、日本癌学会、日本呼吸器学会:禁煙治療のための標準手順書第6版:2014」に記載されている健康保険等で禁煙治療のみを行った場合の自己負担額(3割負担として13,080円~19,660円)に基づいています。

 

健康保険等を使った禁煙治療の流れは?治療全体の流れ

健康保険等を使った禁煙治療では、12週間で5回の診察を受けます。
診察に行くと、はじめに喫煙状況などから健康保険等で治療が受けられるかをチェックします。
毎回の診察では、禁煙補助薬の処方を受けるほか、息に含まれる一酸化炭素(タバコに含まれる有害物質)の濃度を測定したり、禁煙状況に応じて医師のアドバイスを受けることができます。「お医者さんと禁煙」すれば、楽に禁煙することができます。

kinen1

 

禁煙外来での保険適用となる条件

・直ちに禁煙する意思があること
・タバコ依存症に関する問診票によりニコチン依存症と診断されること
・【1日の喫煙本数×喫煙年数】が200以上であること
・禁煙治療を受けることに文書で同意すること

※保険診療では5回の診察で3割負担の患者さまで13,000円~20,000円程度です。
保険適応とならず、自由診療だと全額自己負担となりますので、およそ3万円台から5万円の費用が掛かかります。

※喫煙は様々な病気を引き起こす原因となりますので、医師の診察によってその他の病気の検査を薦められる場合があります。その場合、禁煙外来の費用とは別に検査費用が必要となります。