CONTENTS MENU

医の森クリニック 仙台
内科、糖尿病内科、各種健診

初診予約

お電話でのお問い合わせはこちら

022-352-3786

お知らせ

2017/06/23SAS(睡眠時無呼吸症候群)外来のお知らせ

6月26日(月)より、睡眠時無呼吸症候群(SAS)治療を開始します。
診察の予約、もしくは受付時に受診希望の旨をお伝えください。

SAS外来受付日時
月~木 午前8:45~11:30 午後2:15~5:00

 

睡眠時無呼吸症候群(SAS)について

私たちの睡眠を妨げる要因のひとつとして最近注目されている病気に、睡眠時無呼吸症候群があります。文字どおり、眠っているときに無呼吸状態になる病気で、SAS (Sleep Apnea Syndrome)とも呼ばれています。

無呼吸状態とは、呼吸が10秒以上止まっていることを指し、この状態が7時間に30回以上、あるいは1時間あたり5回以上あると睡眠時無呼吸症候群(SAS)となります。

SASに見られる症状

睡眠時無呼吸症候群(SAS)にかかると、じゅうぶんに眠れないことが原因となってさまざまな症状が現れるようになります。
あなたはつぎのような症状に心当たりありませんか?

眠っているとき・・・
● いびきをかく
● 息が止まる
● 呼吸が乱れる
● 息が苦しくて目が覚める
● なんども目を覚まし、トイレに行く

日中、起きているとき・・・
● しばしば居眠りをする
● 記憶力や集中力が低下する
● 性欲がなくなる
● 性格が変化する
● 体を動かすときに息切れする

上記の項目は、いずれも睡眠時無呼吸症候群(SAS)によく見られる症状です。